金字塔スタイル

ベストなスタイルの金字塔を打ち立てる

生活習慣をほんの少し変えるだけで脂肪が燃えやすい体に!インナーマッスルを鍛えて痩せやすい体になろう!

   


なぜ太りやすい体質に?

太りやすさを決める一番の要因は基礎代謝。基礎代謝とは人が生きていくために必要なエネルギー量のことで、1日に消費するカロリーの約70%を占めます。基礎代謝が低いと、ふだんあまりエネルギーが使われないため、同じものを食べ、同じ運動をしても、やせにくいということに。

テレビを見ているときは脳の活動がほとんど止まり、熱産生も減少。テレビを見る時間が長い人ほど、肥満率も高いという研究結果も

朝食を抜くと空腹時間が長くなるため、体は今あるエネルギーでまかなおうと節約モードに突入。代謝ダウンにつながります。


Photo by Digital Vision. / Photodisc

基礎代謝を上げるには?

インナーマッスルを鍛えることで、体温を上げることができます。
体温が上がると基礎代謝も上がり、結果脂肪が燃えやすい、太りにくい身体になるのです。

カラダが冷えると、臓器の働きが鈍り、基礎代謝が低下してしまいます。汁物や鍋物のような温かい料理でカラダを内側から温めましょう。

独特な呼吸法をしながら色々なポーズをとっていくヨガは、内臓機能を向上させて、リラックス効果もあり、健康にとても良い運動です。 基礎代謝がアップする効果もあり、太りにくい体を作ることができますよ。


Photo by BananaStock / BananaStock

鍛えると基礎代謝を上げられるインナーマッスルとは?

インナーマッスルというのは、どこか一つの筋肉を指している言葉ではありません。簡単にいうと体の奥のほうにある筋肉の総称と思ってください。

インナーマッスルは主に関節をしっかりと安定させる働きがあります。

筋肉はスポーツのときに使うようなものだけではなく、血液を循環させたり、身体の熱を生産したりする役割も果たしています。
それらの役割と深くかかわっているのが、”赤筋”とも呼ばれる『インナーマッスル』。


Photo by Jupiterimages / Digital Vision

日々の生活の中で、手軽にインナーマッスルを鍛える方法

インナーマッスルは持久力のある筋肉なので、鍛えるには一般的に有酸素運動が効果的。

腹筋インナーマッスルのトレーニングのベースは「腹式呼吸」です。

オススメは、お風呂で体を洗うときにお腹をへこませたままにする…という方法。これなら毎日必ず行うという意味で習慣化されますし、いくら汗をかいても気になりません。

同じ時間の歩行でも、階段を上がる場合は、平らなところを歩くのに対してカロリー消費は約2倍になります。階段だけでなく、坂を上るのも同様です。


Photo by Jupiterimages / Creatas

背中を床につけたまま、ひざをそろえて左右に動かす(寝る前に10往復)

家事をしながら
買い物はエコバックに2つに分け、左右均等に持つ。

姿勢を正す
立っている時、胸を張りお腹を締め正しい姿勢を意識します。

さぁ、今日からインナーマッスルを意識して、太りにくい体を作りましょう!

 - 金字塔速報

×