金字塔スタイル

ベストなスタイルの金字塔を打ち立てる

ネット通販でよくある「サイズ問題」を解消する新たなサービス5選

   


ネット通販でよくある「サイズ間違い」

「サイズの合わない服を購入してしまった人」は92.8%と大多数にのぼる。

服を購入するときに、実際に試着をしてみないと「自分の体型にぴったり合うか」を判断することは難しい。

実際に試着してコーディネートを考えたり、そのアイテムの品質を手に取って確かめることができるのは、実店舗でのお買い物の大きなメリットですよね。

というかスカートのサイズ間違えた落ちてきちゃう

やべぇサイズ間違えたぁwww
悩んだらM買わない?悩んでS買わないでしょ?www

あ、間違えた。
ロングパーカーかったつもりがサイズ間違えてワンピースみたいになったやつだwwww

色々と服のサイズ間違えた…
後悔後悔

靴づれ痛すぎてやばい
絶対サイズ間違えたし
もう履きたくないレベルで痛い
可愛かったのに

最近は、買ってから試着するスタイルが定着しつつある

最近では返品の際の手続きが無料化、簡易化されているところも増えてきたので、実際に着てみたら合わないという場合の心配をする必要もなくなってきました。

返品する場合、ショップごとに条件が異なるので、通販サイトの購入時の規約をご確認ください。

返品制度を拡充することで「買ってから試着する」というのが最もドラスティックな解決策なのかもしれません。

その他、様々なサービスを開始しています

衣料品ネット販売で初回購入の大きな壁となっている"サイズ問題"にメスを入れるサービスが次々と立ち上がっている。

ネットで服を買うと、サイズだけではなく
「思っていた色と違った」とか、靴とかだと「足の幅が合わない」とか
「あとひとつサイズダウンできれば」という問題が発生します。

返品送料無料を基本サービスとする企業もあるが、返品という行為そのものを手間と感じる消費者が多いため、今後もサイズ問題を解決するサービスは増えそうだ。

通販をムダなく賢く利用するには「できるだけ返品・交換せず、一度で済ませる」という、意外と大変な努力が必要なのです。

「Dorrbell」

なんと試着ができるうえ返品の手間もない、ファッション系マーケットプレイスなのです。

①気になる商品をオンライン上で選ぶ。
②商品を自宅に配達してもらう日時を決める。
③自宅で商品を試着する。
④試着した商品を取りにきてもらう。
商品を返却しなければ、それで購入となり自動的に決済が行われる。

試着してみて気に入ったものがあればそのまま引き取り、購入が成立します。いらないものは配達員に返却します。

現在はポートランドのダウンタウン周辺のみで提供されており、ユーザー登録にも制限がかかった状態です。

「FITTY」

FITTY(フィッティ)はオンライン上で、あなたにぴったりのブラジャーを見つけるお手伝いをする「オンラインフィッティングサービス」です。

 - 金字塔速報

×