金字塔スタイル

ベストなスタイルの金字塔を打ち立てる

利尿剤でダイエットが出来る?ダイエットにいいといわれる理由と注意点

   


利尿剤はダイエットに効果はあるの?

利尿剤とは、尿量を増し、体内の不要な水分の排出を促進させるとともに塩分も排出させ、浮腫(むくみ)を除去する薬のことをいいます。

利尿剤は、循環血液量が減るため、浮腫も少なくなり血圧も下がります。
同時に心臓の負担も軽くなります。

しかし量が多くなると、血液中のカリウムが減ってしまうことがよくあります。
また、血糖値や尿酸値を上げることもあります。

『慢性的な浮腫(むくみ)を持っていて、その影響で体が冷え、代謝が低下している方』には効果が期待できます。
基本的に脂肪を燃焼させるわけではないのでむくみに悩んでいる方以外は副作用の方が目立ってしまう可能性があります。

浮腫(むくみ)がある状態では、細胞への栄養の取り込みや老廃物の排出にも支障をきたしてしまい、さらなる浮腫(むくみ)に繋がってしまいます。
さらに、余分な水分があることで、体温が下がってしまい、代謝が低下した結果、脂肪を燃焼しにくい痩せにくい体になってしまいます。

利尿剤の利尿作用によって、老廃物や余分な水分が排出されると、浮腫の解消に繋がります。

慢性的に浮腫(むくみ)を持っている方にはラシックスを使用することでダイエット効果が期待できるといえます。

効果的とうわさの利尿剤

ラシックス(lasix)は、全身のむくみ(浮腫)などを取り除く利尿医薬品です。ラシックスの有効成分であるフロセミド40mgの利尿効果は高く、服用して30分程度で利尿作用が現れ、むくみの原因となる余分な水分を2〜3時間ほどで除去してくれます。

食事制限をしているのに肥満が改善されない・体重が減らない・太って見えるのは、むくみのせいかもしれません。ラシックスによって腎臓で作る尿の量を増やして余分な水分や老廃物を排泄し、長いこと蓄積したむくみを改善することで、大幅な体重減少・激やせが見込めます。特にむくみがちな生理前やお酒を飲みすぎた次の日などに、ラシックスは効果的なむくみとりと言えます。

むくみが取り除かれ、血圧を低下させる効果があるようで、また心臓の負担なども軽減されることによって、身体が楽になる作用があるといわれています。「フロセミド」がむくみを取る効果があるため、これを利用したダイエット法が、一時話題になったようです。

サイアザイド系利尿薬と異なり、腎血流量や糸球体濾過率の減少に影響を与えないため、腎障害合併高血圧患者に使用が可能となっております。
ラシックスは前記事にもお伝えした通り、浮腫を解消する働きがあることからダイエットに効果があるという理由なのです。

ラシックスの飲み方は、1回1〜2錠、1日2錠までを水またはぬるま湯で服用下さい。満腹時に服用すると効果が薄れるため、なるべく食後は避け、食前・食間に服用することをお勧めします。1箱に45錠入っているので、1日1錠で45日分、1日2錠で22.5日分です。毎日服用する事で、むくみ解消の体質改善に繋がります。

服用後トイレが近くなるため、就寝前の服用は避けて下さい。トイレの回数が増え、寝れなくなる可能性があります。
ラシックスは、服用後30分程度で効果が現れ始めますので、効果が持続する6~8時間の間は外出を控えたりした方が良いでしょう。

ラシックスについて、重篤な副作用告はありません。ただし、眩暈・ふらつき・貧血・食欲不振・下痢・嘔吐・頭痛などの報告を受けています。また、グレープフルーツジュースやアルコールとの飲み合わせが良くなく、強い副作用が生じる恐れがあります。また、過剰投与すると、血圧低下、心電図異常、血栓症などの副作用を引き起こす恐れがあるため、必ず用法・用量は守ってください。

ダイエットに効果的だからといっても、ちゃんとした「薬」ですので、服用するときは、きちんと用量を守りましょう!

アルダクトン 25mgは体内での余分な水とナトリウムの排泄を促し、カリウムの排泄を抑え、血圧を下げたり尿量を増やして浮腫みを取る作用があります。

本態性高血圧や腎性高血圧、肝性浮腫、腎性浮腫、悪性腫瘍の腹水、うっ血性心不全の症状改善に効果があります。 また、アルダクトン 25mgはアルドステロン症と呼ばれる副腎皮質ホルモンの働きが強くなる病気の診断や症状の改善にも用いられます。利尿剤でありながらもカリウムを保つので、カリウム保持性利尿降圧薬とも呼ばれています。他の利尿剤を使用時に、低カリウム血症の予防薬としても使われることがあります。 更には男性の脱毛症の原因とされている物質を阻害する働きや発毛の効果もあります。

アルダクトン 25mgの服用方法は、成人の場合、一日2錠から4錠を複数回に分けて服用しますが、年齢や症状によってその都度、増減してください。

夜間の排尿回数が増えることがあり、不眠の原因になる場合があるので、夕食後よりも後の服用は避けてください。 主な副作用は、ホルモンバランスの不均衡が影響する症状が多く、女性では乳房痛や腫れ、多毛、月経不順、閉経後の性器出血などで、男性では乳首の腫れや痛みなどがあります。

利尿剤や利尿作用のある食べ物を摂取すると痩せる!!というダイエットではありません。あくまでも不純物を排出し、自分自身の基礎代謝をアップさせ、痩せやすい体にする、という効果がダイエットにつながるというものです。決して排尿=ダイエットとは考えないでください。脱水症状に注意し、きちんと水分の補給も行ってください。成分に頼らず、生活習慣を改善することがダイエットへの近道です。

とくに尿酸値が高いまま放置しておくと腎機能障害を起こすことになり注意が必要です。

従って、糖尿病や痛風のある人には症状を悪化させることがあるため、利尿剤の使用は禁止されています。
それから利尿剤を長く使用する際は、定期的に血液検査が必要です。

ラシックスは排尿を促す強力な薬です。排尿は体内に蓄積した老廃物や、取りすぎた塩分を排出してくれますが、それと同時にカリウムが減少させてしまいます。野菜・果物・豆類など、カリウムを含んだ食材を意識して摂るようにしてください。

 - 金字塔速報

×