金字塔スタイル

ベストなスタイルの金字塔を打ち立てる

【相手の気持ちが丸わかり!?】座り方でわかる恋愛心理

   


恋愛相手との座り方

恋愛においては「対面」よりも「横に座る」ほうが、より親密になりやすい傾向にあります。
理由は真正面の対面だと、意見を主張する位置。
無意識に警戒心を持ってしまうため、斜め前に座った方がよいとされています。
ビジネスなどでも、営業マンが斜め前に座るのはそういった理由からです。
簡単に言えば、真正面は意見が主張しやすい相手になってしまうため避けるべきという考えです。

「対面」は意見を言うポジションなので、「横並び」か「斜め上」の方が相手も落ち着きます。

恋人とのデートでは対面でも、お互いの意見を言い合うこともありますし、より深い話をするため対面での会話もOKです。

ただ、お互いがまだ距離がある状態、好きだけど中々近づけない状態。

そういう関係の時は「横」か「斜め上」の位置に座ると、距離を縮めやすい場合も多いです。

対面の場合

対面の場合、向かい合って話すのが効果的なパターンは「立った状態」で話すこと。
テーブル越しだと、どうしても物理的に距離が離れるため、心の距離も遠くに感じてしまいがちになります。
立った状態だと、その物理的距離もなくなるので、横に座った時同様の距離感があります。
なお正面同士なので、よりドキドキしますよね^^

イメージ的には、立食パーティーを想像すると、わかりやすいと思います。

気になる異性が立っていて、話しかけて向かい合わせて立ち話。

ちょっとした時間だけど、ドキドキ感が増す。。といった状況ですね^^

テーブル越しだと物理的に距離があるため、二人の心の距離も遠く感じやすいもの。

立った状態だと距離をとても近くに感じると思います。

横に座る場合

初デートのときなどはBarや居酒屋などのカウンター席を利用して「横に座る」ことをおすすめします。
そのほうが相手は緊張せずにあなたと会話できると思います。
これはパーソナルスペースにおける男女の違いも関係してきます。
そして横に座れない場合は斜め前、90度の角度で座ってみるのもよいと思います。
横に座るのと一緒で、相手に緊張感を与えない座り方です。
もし横に座れるシチュエーションなら、彼の左側の席がベスト。
立ち位置や歩き方のときもそうですが、男性は右側、女性は左側を選ぶ傾向があります。

まとめ

付き合い始めでも、長い付き合いでも、相手への「思いやり」が大切です。
座り方もその一部。
相手がそうすれば、気持ち良く過ごせるかな。
そういった想いが、嬉しかったり、より愛おしくなったり、関係がより深くなるのだと思います
そういった想いって相手に伝わりやすかったりしますから、座り方も少し意識してみると、思わぬ出会いや良い事があるかもしれませんよ^^

 - 金字塔速報

×