金字塔スタイル

ベストなスタイルの金字塔を打ち立てる

男心の取扱説明書【彼の気持ちがわからない】がわかるかも

   


彼の気持ちがわからないっ!!

男性から見て女性が謎だらけであるように、女性から見ても男性は謎だらけです。

男心がわからない。
でも、仕方ないよね。男とわかりあえるなら、雌猫のほうがわかりあえるらしい。

それくらい、おとことおんなは別の生き物らしいよ!

夫が急に私の髪を乾かしたいと言って、ドライヤーで乾かし、その後オイルで足のマッサージまでしてくれて、いつの間にか爆睡。思わず「何か後ろめたいことがあるの?」と聞いてしまった。男心は謎。

男心、さっぱりわからない。
まだ子供なんだろうなあ。

@nukumor_ii
わたしも男心わからんわぁ…かわいい連呼する人は何目的か謎(-_-)

男心1. 一人の時間は必要

「毎日彼女と会いたい」とか「常に彼女と一緒にいたい」と考える男性というのは、かなりレアです。
ほとんどの男性は、どんなに好きな彼女でも常に一緒にいたいとは考えないようです。

・「たまにはひとりになりたいときもあるのに、ひとりになろうとすると変な疑いをかけられる」(34歳/小売店/事務系専門職)

・「たまにはひとりの時間がほしいと思っていること」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

同棲や結婚をしている男性は特にそうかもしれませんが、時に男性はひとりっきりの時間がほしくなることだってあるでしょう。しかし、ひとりになりたいと言うと変に疑われてしまうので困っているようです。

一人の時間が好きなくせに寂しがりやってゆー矛盾した性格を直したい

男心2. 癒される場所が欲しい

女性が男性に癒されたいと思っている以上に、男性は女性に癒されたいと思っているのかもしれません。

男性は常に社会で戦っているという意識があり、外では気を張って生きています。
恋人は自分をありのまま受け止めてくれる存在として感じているはず。
甘えられる場所を求めているのです。
女性が時には母親のように彼の欠点を受け止めてあげれば、「ずっと彼女といたい」と結婚を意識するでしょう。

男心3. 仕事と彼女は比べるものではないし、選びようがない

仕事と恋人。
男性からすると、それらは比べる対象ではないんですね。
飛行機とクジラを比べているようなもので、比べる理由がわからないと考えています。

・「記念日を疎かにすることの指摘に対して、疎かにしているのではなく、今優先してすべき仕事があるからということをわかってほしい」(38歳/金融・証券/営業職)

・「会社勤務がどれだけ大変か。それでいて、『自分と私、どっちが大事』か聞いてくる」(35歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

何かあると、彼女とそのほかのことを比較したり天秤にかけてどちらが大切なのかと責める女性もいます。しかし、男性からすると、どちらも大切なこと。こうした質問はあまり意味のないことだと知ってほしいと思っている男性も多いようですね。

けっきょく寄り合い
行けてませんねん
飛ぶなや腹たつ。
勘ぐられるけど
仕事優先ってとこは
わかってほしいけどね〜

彼女よりも仕事優先させる、理由はわかってほしい。

男心4. 常に恋愛モードではいられない

仕事は仕事、恋は恋。
ほとんどの男性は、これをはっきりと区別できているようです。

恋愛が面倒になった男性はそもそも、女性のように四六時中恋愛モードではいられない生き物。毎分毎秒興味の対象が変わっていて、何か他のことをしているときには恋愛のことをあまり考えられないのが一般的な男心理。

女性は仕事中も、友達と会っているときにも、どんなときでも好きな人のことを考えているものですが、同じくらいの熱量を男性に求めることは間違っているのです。

 - 金字塔速報

×