金字塔スタイル

ベストなスタイルの金字塔を打ち立てる

《そのダイエットで大丈夫?》リバウンド回避、ダイエットを見直そう!!

   


ダイエットの現状

堂々と水着を着れることがどれだけ難しいことで、恥ずかしいことか、細い人にはわからない。だけど、あなたも細くなれば体型なんて気にせず、海を満喫できる。そうなりたいから、ダイエットをする。来年の夏には絶対に水着を着る!!その決心が大切。

今日も頑張ろ!
友達とも夏までの細かい目標を立てた
からもっと頑張れる!
夏はシンプルな可愛い水着を
堂々と着る!

八月に水着を着る予定ができたのでダイエットをハードにがんばろうと思います

この記事を書いたのは5月、みんなの目標はやはり夏に向けての水着を着ること

巷のダイエット法と考察

酵素、炭水化物抜き、ヨガ、食べ順、白湯、レコーディング、カロリー管理…今の時代色々な方法がある。お前に合ったダイエット法があるはずだぞ。

★1年半でなんと-㎏!病院でも取り入れられている食前デザートダイエット★ ☞間食はせず、食事の分前に飲み物とデザート(50~70㎉)を食べる (例)ケーキ→1/4~1/3個、 シュークリーム→1/4~1/3個、クッキー→1~2枚、饅頭→小1個、カップゼリー→1個、飴→4個

ダイエットに運動を取り入れることは、美しいプロポーションを作る上で絶対に欠かせません。食事制限だけでただ体重を落としていけば、脂肪といっしょに筋肉もやせていって、締まりのない体型ができあがるはずです。

痩せるのにおすすめなダイエット方法は「スクワット」です。背筋を伸ばす。その状態で頭が膝より出ないように、背筋を伸ばしたまま膝を曲げ、足の裏で地面を押すようにゆっくり体を押し上げます。これを1日10回!たった10回やりましょう。体感が鍛えられて太りにくい体の完成です!!

▼野菜スープ7日間ダイエット▼
1日目:スープとフルーツのみ
2日目:スープと野菜のみの日
3日目:スープとフルーツと野菜の日
4日目:スープとバナナ、スキムミルクの日
5日目:スープと肉とトマトの日
6日目:スープと牛肉と野菜の日
7日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日

へー、いろんな情報があるんですね
でも根拠や理論にかけているし、これがずっと続けていけるか不安..

リバウンドとは?

ダイエットをやめた後に、体重がダイエット前、またはそれ以上に増えてしまう現象をリバウンドと言います。日本人のダイエット経験者のうち、60%以上がリバウンドしていると言われています。そしてダイエットしてリバウンドするのを繰り返していると、逆に太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

じゃー、リバウンド対策はダイエットをやめなければいいんですね^^

リバウンドをしてしまう人の傾向

さてどんな人がリバウンドをしてしまうのでしょうか?
これからダイエットをする方、今ダイエット中の方、リバウンドを回避するために
1度見直して見ませんか?

超短期間で痩せようとした無理なダイエット型

時間があるからといって、1日に何時間も運動したり、食事はサラダだけにしたり、そのダイエットいつまで続けられるの?

食事制限型

食事制限でどこまで制限したら良いか目標を立てずに制限をする人。
ネットの情報でたくさん情報がありますが、自分にあった摂取kcal数を決めましょう。

食事制限型 糖質のみカットタイプ

糖質の摂取をやめると、エネルギーがなくなるので筋肉を分解して
糖質の代用エネルギーにします。筋肉を分解するということで体重も急激に落ちます。

が、体の中で脳のエネルギー源は糖質でしか作れません。

糖質をカットしている間、脳へのエネルギーはほぼ0ですので、今後何らかの脳障害を起こす危険性があると言われています。

・急激に痩せようとした無理なダイエット
考察:1日に何時間も運動したり、食事はサラダだけにしたり
そのダイエットいつまで続けられるの?

・食事だけを制限をし、特に糖質を制限するダイエット
考察:糖質の外部からの摂取を減らすと筋肉が減り体重が急激に落ちます。
体重を減らすメリットと引き換えに今後、脳障害を起こすデメリットがある。

・有酸素運動だけをする人
考察

有酸素運動のみでダイエットを目指す型

"脂肪を燃やす際は、有酸素運動が1番"
これは昔から言われており、スポーツ業界でも特に体重の階級があるスポーツは有酸素運動で体重を落とします。僕もボクサーをしていた時は、走り込みで体重コントロールをしていました。

《実は落とし穴》ジョギングはリバウウンドへの近道?!

ランニングで減量をする、ボクサーや体重階級スポーツのOFFシーズンの体見たことありますか?
みんな激太りするんです、長距離ランナーの高橋尚子さんも太っていました。
なんども、いう通り有酸素運動は脂肪燃焼させますが、燃焼サイクル(有酸素運動)を止めてしまうと急激に脂肪を増やします。

ってことは、有酸素運動で勝ちとた体を維持するには,,,
今後ずっと有酸素運動を続けなくてはいけないんです。

 - 金字塔速報

×