金字塔スタイル

ベストなスタイルの金字塔を打ち立てる

ダイエットについて実は多くの人が勘違いしているコト

   


一見、やせそうな食べかたにも落とし穴が・・・

炭水化物を避ける→脳の糖分が足りなくなってしまう

現段階では医学的に十分な根拠がないため、推奨することも反対することもできないという結果が得られています。
減らしすぎると脳の栄養素であるブドウ糖が足りなくなってしまうので、ある程度の炭水化物は取ってあげる必要があります。

カロリーゼロ→いくら食べても0カロリーとは限らない

食品も飲料も100gあたり5kcal未満であれば、「カロリーゼロ」「ノンカロリー」と表記してもよいと決められています。
またノンカロリー食品に含まれている人工甘味料を取りすぎると、高カロリーな食べ物への欲求が強まることもあるそうです。

唐辛子のカプサイシン→脂肪の分解には効果があるが、燃焼には効果がない

肥満の“予防”には効果がありますが、単独で食べて減量効果が期待できるものではありません。
食べすぎると刺激で胃腸に悪影響を及ぼす可能性もあります。

脂肪をとらない→お肌や心臓に影響が出る

高カロリーの脂肪ですが、心臓やお肌の機能には適正量の脂肪が欠かせません。
また脂肪をきちんと食べて消化すると、空腹感をおさえて同時に満腹感を感じさせる成分が促進される効果もあります。

デザートに果物を食べる→食べるタイミングを間違えると脂肪になりやすい

果物の糖分は消化吸収が早いのですが、夜に食べてしまうと中性脂肪に変わり溜まってしまう性質があります。
なるべく朝かお昼の活動時間中に、いろいろな種類を少しずつ食べるのがおすすめ。

誤解しやすいカラダの機能


Photo by IT Stock / Polka Dot

部分痩せはできない

筋トレによってその部位だけの脂肪が燃えるのではなく、「脂肪を燃やす」という脳からの指令が出ると、全身に行き渡るようになっているそうです。

運動をやめると、筋肉が脂肪に直接変化するわけではない

運動をやめても食生活が変わらないと、筋肉が細く小さくなったうえに体脂肪が増加するので、あたかも筋肉が脂肪に変化したような錯覚を受けているのだそうです。

食べる量で胃は大きくなったり小さくなったりしない

急激な食事の変化で胃の消化機能が変化し、これにより食欲も左右されるので「胃のサイズが変わった気がする」のではないかと考えられています。

こんな生活習慣にも気をつけて

食べ過ぎた翌日、多めに運動しても燃焼できるわけではない

必要以上に食べ過ぎた分は既に脂肪に変わっていることが多く、燃焼しにくい性質があります。

夜遅い時間の食事は寝る時間を遅らせても、脂肪になりやすい

人間の体は寝ていても起きていても夜の10時~2時頃に脂肪を体内に溜めこもうとする働きがあります。
また不規則な生活をすることで、体内バランスがくるってしまい、余計に太りやすくなることも…

お酒は飲み方に気をつけることで体重の増加を抑えられる

お酒にもカロリーがありますが、摂取したすべてが溜めこまれるわけではありません。
ただし食欲を増進させる効果があるので、つまみの量と種類によっては注意が必要です。

 - 金字塔速報

×